③エントロペイのアップグレード(本人確認)方法

 

バーチャルカードを発行した段階では、

アカウントの権限が【ベーシック】となっており、

月々(年間)の入出金額に大きな制限があるため、

本人確認を行って最上位の【プロ】までアップグレードしていきます。

 

①アップグレードページへ進む

画面右上のメニュー画面から【アップグレード】に進みます。

 

②【ベーシック】→【スタンダード】へのアップグレード

まずはベーシックからスタンダードへアップグレードします。
以下の画像の通り【アップグレード手続きを開始】をクリックします。

 

③Eメールアドレスの認証

次の画面で【ステップ1 Eメールの確認】をクリックし、

次の画面で表示されているメールアドレスに間違いが無いか確認し、

【コードを送信】をクリックします。

 

 

エントロペイより有効化コードのメールが届きます。

メール内に記載されている有効化コードをコピーし、

エントロペイの画面に貼り付けて【認証】をクリックします。

 

【お客様のEメールアドレスの認証に成功しました】の画面が表示されたら認証完了となります。

 

④住所の入力

先ほどの画面から続いて住所を入力していきます。

入力方法は以下の画像を参考にしてください。

 

【保存】を押せば、スタンダードへのアップグレードが完了です。

 

⑤【スタンダード】→【プロ】へのアップグレード

次にスタンダードからプロへアップグレードします。

以下の画像の通り【アップグレード手続きを開始】をクリックします。

 

⑥1つ目の本人確認書類の提出

●パスポート(一番裏の「所持人記入欄」は不要)

●政府発行書類(=住民基本台帳カードなど)※両面

●運転免許証 ※両面

のいずれかを選び、【書類をアップロード】から書類の写真をアップロードして、

【送信】をクリックします。

 

⑦2つ目の本人確認書類(住所確認書類)の提出

●銀行口座明細書 ※クレジットカードの明細書でも承認されるケースがあります

●公共料金請求書 ※携帯電話料金の請求書でも承認されるケースがあります

●1つ目の本人確認書類でアップロードしなかった書類(パスポート・免許証など)

のいずれかを選び、【書類をアップロード】から書類の写真をアップロードして、

【送信】をクリックします。

※銀行口座明細書と公共料金請求書は発行から90日以内のもので、本人名義のものであること。

 

アップロードが完了すると以下のようなメッセージが表示されます。

 

認証が完了すると認証完了のメールが届きます。

※通常は1~2日程度、早ければ数時間で届きますが状況により異なります。

 

ただし、管理人の場合はなぜかメールが届かず、

気付けばアップグレードだけ正常に完了していましたので、

丸一日待ってもメールが届かないようであれば、

エントロペイにログインして【アカウントの状態】を確認してみましょう。

※レアケースだと思いますが、、、

 

これでプロへのアップグレードが完了です!

 

次は、bet365のアカウントを作成しましょう!

※bet365のアカウント作成は、プロへの認証完了前に進めても問題ありません。

 

>>①bet365とは?

>>②bet365登録方法

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINK

人気記事

登録されている記事はございません。

follow us in feedly